社名について

クスノキ石灰のクスノキとは、樹木の樟(楠、クスノキ、Cinnamomum camphora)からとったものです。

この樟という樹は、寿命が長く巨樹になることで知られており、神社の境内などで良く見かけられます。

葉や幹は樟脳(カンフル)の原料でもあり、防腐剤や防虫剤、医薬品として昔から利用されてきました。 カンフルとは、”物事を蘇生させるのに効果のある措置”という意味でもよく用いられます。

クスノキ石灰という会社名には、自然環境や社会に貢献し、 大きく成長する会社になるようにとの願いが込められています。