天然顔料

世界中の鉱物から作られる天然無機顔料

天然無機顔料は、天然土を原料とした絵画や建築用の着色顔料です。

カドミウム化合物やクローム化合物など、化学的に合成された合成無機顔料とは異なり、アースカラーと呼ばれる自然な色彩が特徴です。

大地がまとった色彩

天然無機顔料の原料である天然土は特殊な地層から採掘されます。砂岩や粘土層からなるこれらの地層は、2億3千年前からの海中堆積物が年月を重ねて変化したものとされ、黄、赤、茶、緑などさまざまな色をしています。

色鮮やかで不純物の少ない厳選された天然土は、洗浄、分離、乾燥、粉砕、加熱などの処理を施して天然無機顔料として生まれ変わります。

歴史

人類の天然無機顔料の利用の歴史は7万年前にさかのぼります。

最初は、赤色の天然土を尊重し、儀式や祭祀などに広く使われていました。
新石器時代になると、洞窟壁画に見られるように、日常生活やアートに使われていたと考えられています。
有名なのは、ラスコーの壁画ですが他にもペッシュメリルやアトランタなどにも同様に見られます。

エジプト、メソポタミア、ギリシャなども塗料や絵の具として大量に使用し後にローマが続きます。
壁画はレランの島にあるギャロロマンの家の壁、カンヌ、最近は、リュブロン、キュキュロンにも発見されています。
ローマ人やギリシャ人は大建造物にもフレスコ画を描きました。

天然の赤色水銀などとの微妙な混合で肌色を作るなど、中世から20世紀まで色々な調合で豊富な色が作られ、建造物の壁画や装飾に使われてきました。

イタリア製のレーキ顔料

「レーキ顔料」は植物から得られる染料を細かい砂に染み込ませて作られます。


自然の植物からもたらされた鮮やかな色彩はさまざまな創作のイメージを引き出してくれます。
絵画の歴史を誇るイタリア製の「レーキ顔料」は発色が素晴らしく色の種類も豊富にそろっています。

水彩、油彩、フレスコ画、テンペラ画などに使われています。